長寿命の実現

日本の家の平均寿命は約30年前後と言われています。その原因は大きく2つです。 1つは、多湿な環境の為、壁内の木材などが腐朽菌にやられてしまうこと。 そしてもう1つはシロアリなど害虫による木材への被害。 この2つをクリアする事が日本の家を長持ちさせるポイントになります。 壁内結露を起こさない壁の構造を造る為に、「木質系、断熱、調湿材セルロースファイバー」を採用しているのもその為です。 また、国産ヒノキの芯持ち無垢材を採用しているのも、木材自体の寿命を伸ばし、木材自体の寿命を伸ばし、害虫に対する忌避効果があるからです。 そして耐久性を高めるもう一つの工法が「ホウ酸処理」になります。 この工法は2つの効果を産みます。 1つは「防蟻」。 その名の通り、シロアリを中心とした害虫を寄せ付けない防蟻、防虫効果。ホウ酸だんご というゴキブリ駆除材にも使われているように、害虫への忌避効果に優れています。 そしてもう1つは「木材の保存」。 木材腐朽菌を防ぎ、木材自体が腐る事を防いでくれます。海外では50年以上前から実績が あり、ハワイ州では建築する際に構造材塗布が義務付けられている州もあります。 壁内結露を防ぐ調湿する断熱材「セルロースファイバー」 含水率15%の乾燥技術で背割りのない「国産ヒノキの芯持ち無垢材」 シロアリ・木材腐朽菌を寄せ付けない「ホウ酸塗布」 この3つの組み合わせで「ロングライフ住宅」を実現するのが「彩暮」です。

耐久性

Page
Top

必須お名前
必須郵便番号
必須住所
必須電話番号
必須E-mail
必須確認のためもう一度
第一希望日
第二希望日
内覧しようと思った
きっかけをご記入ください
その他/ご相談・ご質問など
記入下さい。