彩暮

生まれ育ったはりまの地の彩り(四季の移ろいや毎日の変化)のある暮らしを楽しみ、
豊かにするために住む人の健康に害のある建材や長持ちしない建材を限りなく排除し、
わずかな冷暖房で1年中心地よい住環境を醸し出すハードと
はりまの自然の光と風を採り込む設計コンセプトを融合させた
シンプルで飽きの来ない和モダンのデザインをお届けする誓いです。
日本の建築では縁側や深い軒、障子など昔の知恵により本来は「自然と寄り添い」生きてきました。
もちろんそれは腕のいい職人さんがなせる技であり、
そういった家屋に住んでいた日本の人々は感覚に優れていたと思います。
夕日に匂いを感じたり、季節を24節季で表したり…
その感覚や感性を子ども達、またその子ども達へという想いを
和モダン『彩暮・ayakura』のロゴ・デザインに込めました。

「地域の山と街をつなぐ」
「ものづくり魂を持った地元の職人さんたちと永く、安心して、健康で快適に暮らせる家づくり」
これらを大事にすることによって…
「はりまの地が益々元気になり、未来を担う子ども達へ日本が大切にしてきた
『やまとこころ』で溢れる明るい未来を創造する」
職人さんや自然との「つながり」を大事にすることにより未来へ『つなぐ』
「やまとこころ」から「日本紋様」をモチーフにしてみました。
「つながり」と「子ども達への願い」の意味合いを持つ日本紋様をロゴに落とし込みました。
その「つながり」というのは
はりまの「外気」「風」「光」を拒絶せず、つながっていくといった
パッシブデザインにも当てはまります。

和の要素の強い日本紋様
青海波・・・未来永劫
七宝・・・永遠のつながり
麻の葉・・・子どもの成長
菱・・・子孫繁栄、無病息災
をきっちり4分割し、円(縁)で収めました。

住宅は予防医療です。

私たちと一緒にライフサイクル(生涯)コストの観点からひとつひとつ建材を吟味し『ものづくり魂』を持った素敵な地元の職人さん達とひと手間を楽しんで本物の健康住宅を造りあげて行きましょう!『産業』になってしまった日本の住宅を一緒に『文化』に変えて行きましょう!

  1. ダブル配筋高耐震ベタ基礎。(モノコック工法、全棟構造計算)
  2. 防水紙ではなく、ひと手間を大切に防水性、気密性と透湿性を併せ持つ
    ウェザーテックを施工。(C値1.0以下の高気密住宅)
  3. なるべく機械に頼らないための高断熱工事。

    基礎には、コンクリート専用の基礎断熱アクアフォームNEO。

    外壁には、ドイツで60年以上実績のある外張り断熱材EPSネオポールをメッシュシートで、一体成型で仕上げて行きます。遮熱、断熱、透湿だけでなく、地震や台風などの揺れにも強い画期的な外壁です。

    内壁には、夏は高調湿、冬は高蓄熱の食塩より6倍安全なアメリカ製のセルロースファイバーを立米55kgも充填させます。なんと防音効果にも優れています。

    天井には、セルロースファイバーを200㎜積もらせることで『断熱、調湿、気密』に優れ、瓦を施工する前に遮熱アルミシートも施工するので夏場の2階がとても涼しいです。

  4. 健康に害のあるものや長持ちしない建材を限りなく排除した家づくり。

    構造材には、先人の知恵に耳を傾けて、柱、土台には国産ひのきの芯持ち構造材を使用。

    床材には、西粟倉村で大切に育てられた無垢杉材30㎜を使用。

    内壁、外壁は左官屋さんが丁寧に100%天然のスペイン漆喰で仕上げて行きます。天然の調湿、消臭、自浄効果があり、夏は外壁に含んだ水蒸気が気化することで夏の日差しを和らげます。

  5. 世の中がもっともっと進化し、便利になる時代だからこそ、自然鉱物の情報をプログラムすることで
    心地よい波動エネルギーに包まれ、自然界と同じ中性の澄み切った住環境を創造します。

Page
Top

必須お名前
必須郵便番号
必須住所
必須電話番号
必須E-mail
必須確認のためもう一度
第一希望日
第二希望日
内覧しようと思った
きっかけをご記入ください
その他/ご相談・ご質問など
記入下さい。